今日から21日まで自店を長期の夏季休業とさせて
頂いております。
毎年この時期は家族孝行をすると決めていまして、
普段なかなか取れない家族とのやりとりをする
ことを第一優先に動きます。
今日は実家に帰省し、祖母の初盆の法要でした。
その後は両親、息子と近場の温泉に行ったり、
花火をしたり、楽しい時を過ごしました。
家族とはいいものです。
とにかくほっとします。
{今日のテーマ}
「仕事と家族、どっちが大事ですか?」
よく日本人は働き過ぎだと言われています。
詳しいデータはググって頂きたいですが、残業や
休日出勤が多いとか、有給休暇の取得率が悪い
とか、とにかく仕事を第一優先にして、プライ
ベートを犠牲にするような風潮があるようです。
・・でもって外国に目を向けると、労働時間が
少なく、早く仕事を切り上げてホームパーティ
をしたり、自分の趣味に没頭したり、そんな
事例をよく見聞きします。
どっちがいいのかという議論はさておき、
僕が気になるのは、仕事を取れば家族や
プライベートが犠牲になり、逆に家族や
プライベートを優先するなら仕事が適当に
なるのではないか、という論調です。
どっちか取るのではなく、どっちも取ると
いうことが、まともな人生には必須だと
思うのです。
A:ビジネスはすごく順調、しかし家族間は
うまくコミュニケーションとれずバラバラ、
家の中では家族は皆他人の様、
B:家族はすごく仲がいいし、コミュニケーション
とれている、プライベートの時間も確保、
しかし仕事がうまくいかずお金がない、
A,Bどっちも嫌じゃないですか?
仕事は順調で使えるお金がしっかりある、
その上で家族、自分の時間もしっかりある、
だから家族皆が幸せだ、これが理想です。
理想を押さえたうえで現実をみると、
僕の場合は家族を大事なものと認識しながら
家族との時間を犠牲にして店をやっている
ことがあるとの反省があります。
数年前に比べれば相当改善されていますが。
夏季休暇中は家族メンバーに日頃の感謝を
しっかり伝えたいと思います。
家族あってこその僕ですから。
ではまた。