晩に、とある勉強会に出席しておりました。

講師の方、主催者の方、出席者の方、皆がほんと魅力的な方々で、その勉強会がはじまってすぐにこう感じました。

あっ、この雰囲気いいな。
あっ、このメンバーいいな。
あっ、またこの場に来たいなと。

その場でその会の参加を即決しました。

{今日のテーマ}
「売れる相手は実はもともと決まっている。」

大きく言えば好き嫌い、そんなことなのかもしれませんが、誰もが自分好みの空間であったり、自分のお気に入りのグッズがあると思います。

そういったものは直感的に判断しているように思います。
前述のこんな感じで。

あっ、この雰囲気いいな。
あっ、このメンバーいいな。
あっ、またこの場に来たいなと。

店をやっていると、この逆を感じることもあります。

このお客さん、うちの店に何かひっかかっているな。

多くの場合、リサイクル品(中古品)への抵抗感やら拒否感が理由だったりします。
こんなことを思っていると思います。

誰かが使ったもの。
少し汚れている。
説明書なしで自分は使えるの?
いくら定価の半分だと言ってもさぁ・・・。

以前サラリーマン時代、車販売の仕事をお手伝いしていた時、そこの社長さんが仰っていた言葉を思い出します。

新車を買う人は次も新車なの。
中古車を買う人は次もたぶん中古車。
新車派と中古車派はきれいに分かれるよ。

そんなものだと今は僕も思います。

あなたのお店で買ってくれる方というのは、実はもともと決まっている場合が多いです。

その買ってくれる方の共通点はありますか?
それがわかっている方は日々順調に商売できているように思います。
逆にそれがわからずに、日々撃沈している商売人も多くいます。

この感覚を持って商売されたら、まず順調にやれるのにと思います。

魅力的なメンバーに囲まれ、すごくワクワクして帰ってきました。
この先の楽しみが増えました。

顧客のこういった気持ちも理解しながら店をしたいですよね。

では。

※ちなみに講師の方、主催者の方は、面識はなく、でも以前から
 お会いしたいなとずっと思っていた方でした。
(メルマガ上、WEB上でこちらが勝手に知っていたという方)

 ずっとお会いしたかった方にお会いできることも、本当に
 うれしいですね。