9月が終わりました。
今年もあと3か月。
時の経過がほんと早いですね。

{今日のテーマ}
「ラッキーだと思うことで前進する」

実はこの9月、本業(リサイクルショップ)は
苦戦でした。

一番大きな要因は天候。
これを言い訳にするのは、私は嫌いなのですが、
影響を受けてしまうことは否定できません。

昨年と比較すると、雨の日ばかり・・・。

また朝晩の冷え込みって、まだ感じませんよね。
これがないと、まだみんな半袖でがんばれてしまう
のです。よってまだ秋冬の服を買う方が少ないです。

・・・で苦戦でした、うまくいきませんでした、と落ち込み、
モチベーションを下げて終わらせるくらいであれば、
振り返りはしない方がいいように思います。

こういう時に何を思うか。
「ラッキー」とか、「チャンス」という言葉。

9月は天候が悪くて、客足が鈍りました。
でもラッキーでしたよね。

突然課題(笑)
私の立場になって言葉をつないでみてください。










(よろしいですか?再開しますね。)

・9月が暑いなら10月に冷え込みがずれる
 ということですね。10月は期待できますね。

・9月は体力を温存できましたね。
 (プロ野球の救援って連投ばかりだとつぶれる
 から先発完投の投手がいると、首脳陣はこういった
 ことを言って喜んでコメントしていますよね。)

・9月はスタッフの結婚式や、店内在庫の整理や
 なかなかできない箇所の清掃とか、普段やれないこと
 が余裕でやれてしまいましたね。

・来年の9月は普通にやっても数字良さそうですね。
 来年の9月の数字は楽しみですね。
 (これね、私のサラリーマン時のよく思っていたこと:笑)

店の経営だけではありません。
長い人生、まあたぶんいろいろとあります。

いいこともあれば、悪いこともある。
どっちもあって当然なのです。
確率としては半々と考えるのが妥当ですよね。

いいことは喜んで次に行けるでしょう。
逆に喜び過ぎないように。余韻に浸り過ぎないように。

悪いこともあって当然なのです。
それは軽く受け入れて、さっさと次に行きましょう。

その時に、「ラッキー」とか「チャンス」とか
使う癖があれば、次にどんどん進めますよね。
言葉の力は大きいです。

要は常に前向きです。

これは思い返せば、
メルマガ「平成進化論」(鮒谷周史さん)から教えて
もらった気がします。

明日から今年ラスト3か月。
ものすごい濃密な時間になること予想しています。
やることだらけですが楽しみです。

では。