「あなたの店(サービス)の一番の

アピールポイント(こだわり)は何ですか?」

 

 

こんな質問をされたら、どんな答えを返します?

 

 

{今日のテーマ}

「差別化なんて大したことじゃない。」

 

 

差別化をしなさい、とか

差別化しないと他に埋もれてしまう、とか

 

 

日頃そんなニュアンスのことをよく聞きます。

 

 

確かにそうなんですよね。

差別化できなければ、お客さんが自店にお越しに

なる理由が弱いということになりますから。

 

 

ちなみに私は自店については

「圧倒的商品量」とか「商品がたくさん、ぎっしり」

ということを強調しています。

 

 

子供専門のリサイクルショップというジャンル

では、関西でそこそこのレベルを目指してきました。

 

 

実際どうなのかは、ぜひご来店いただき、ご自身の

目で確認ください。ついでに何か買ってください(笑)。

 

 

メリットのように言いましたけど、

ここだけの話、実はデメリットでもあるんですよね。

 

 

品が多すぎて探しにくいというお客さんもいますし、

在庫が多いということは資金的にはマイナスですし、

管理もしづらいですから無駄な労力使って、お客様

へのサービスが落ちているとも言えますから。

 

 

ただプラスであっても、マイナスであっても、

自店と特徴として言えることであることは確かです。

 

 

これを標ぼうしていますから、これに賛同くださる方が

リピーターになってくださいますし、逆にこんな探すの

面倒な店は適わんと逃げていく方もいるでしょう。

 

 

私が自店ではなく、他店のお手伝いをさせて頂く時も

その店のオーナーに同じ質問をします。

 

 

「この店の一番のアピールポイントは何ですか?」と。

 

 

即答してほしい訳ですが、苦戦している店ほど

この返事が返ってこない・・・・。

 

 

そんな時は一緒にポイント(こだわり)を考えます。

 

 

・・・でまた気になることは、

「うちの店、これといってポイントないんだよなぁ。」と

いう自虐的なオーナーさんが結構多いこと。

 

 

そんな時は私は

「じゃあなぜ〇年もここで商売ができているの?」

「じゃあなぜお客さんは買いに来てくださるの?」

とうかがいます。

 

 

それでも返ってこなかったら、そこにいるお客さんを

人か捕まえて直接聞きます。

いきなり聞くとびっくりされますけどね(笑)。

 

 

近いから。

新鮮だから。

きれいだよ。

 

 

返ってくる答えはそんなに難しいことじゃないです。

それほど特別なことでもありません。

 

 

・・・ということはあまり気難しく考えることでもない

のでしょうね。

 

 

ごくごく当たり前なことでもいいと思います。

当たり前のことを少しだけレベル高く展開できれば

それだけで抜群な存在感になるのだと思うからです。

 

 

ではもう一度聞きますね。

 

 

「あなたの店(サービス)の一番のアピールポイントは

何ですか?」

 

 

即答できれば何でもいいのです。

即答していれば実際そうなっていきますよ。

その程度のことでいいのです。

それが自然とあなたの店の最大のアピールポイント

になっていきますから。

 

 

ではまた。