3連休中日。

 

 

今日は運動会をやっていた地域も多く、

それが終わる15時以降が忙しくなりました。

 

 

ちょっとバテましたが、

もう1日たぶん忙しいです。

 

 

毎年のデータがそう物語っていますから。

楽しくがんばります。

 

 

同時に支えてくれるスタッフの皆さん

ありがとうございます。

 

 

{今日のテーマ}

「人が遊んでいる時こそ働く。」

 

 

昨日の続きです。

 

 

店の経営者はしっかり休めないのでは?

そういう方はどういった考えやプランを持って

いたらいいのか、

ということを書いていきます。

 

 

まずこんな心の持ち方が必要だと思います。

 

 

「人が遊んでいる時こそ働く。逆に人が働いて

いる時にゆっくり休む。」

 

 

我々は商売人なのですから、

皆が休みでお金を使いたいタイミングの時に

稼働していることは重要だと思います。

収益も変わってきますからね。

 

 

例えば私の店(子供専門リサイクルショップ)は、

この10月は毎年忙しい時期です。

 

 

気温が下がってきて、冬服の準備するお母さん

が着れなくなった服を持ってきて、1サイズ上の

服を買っていくという、そんなことをするのが

10月になるからです。

 

 

モノが集まり、出ていく・・・

この回転が多く、早いほど、商売としてはおいしい

ですが、業務はやることだらけできついです。

 

 

でもきついからといって、さぼっていると、

皆が欲しいタイミングで欲しい商品が店頭に並ばず、

売上にもならないし、タイミングがずれるだけで不良

在庫にもなってしまいます。

 

 

だから今はとにかくやる時期なんです。

 

 

特に土日祝日は休みで皆が時間があって、

ゆっくり衣替えをし、家族皆でレジャーの行き返りに

当店に寄ってくださるパターンが多いですから、

特に忙しくなりますね。

 

 

フル稼働、いやそれ以上(汗)かも。

必要としてくださってありがたいことです。

 

 

一方暇な時期もあります。

ちょっと前まではそうでしたよ。

 

 

暑い夏、8月は基本暇なのです。

その時期は服なんか誰も欲しくないです。

 

 

用品、おもちゃを探す方は来店されますが、

30度を超すような気温では、

赤ちゃん、幼児を外に出すこと自体が、

すごく危険です。

 

 

だから自転車や徒歩のお客さんが

激減してしまうのです。

 

 

暇な時期にどんなにがんばって稼働しても、

まあそれは成果としては良くなりません。

だから休む時期かなと。

 

 

思いきって2週間ほどは店を閉め、

普段取りにくい家族の時間とか、海外に

行くようなそんなことをしてしまいます。

 

 

「人が遊んでいる時こそ働く。逆に人が働いて

いる時にゆっくり休む。」

 

 

実際はなかなかうまく線引きしにくいですよ。

土日祝日だって働いている人、

たくさんいますしね。

 

 

ただ自分の気持ちの問題が大きいのです。

 

 

休みが取りにくいと思うなら、その貴重な休み

はしっかり休んだ方がいいです。

 

 

自分が納得する理由がついていたら、休み

やすいし、長期休みにしたり、ちょっと贅沢

したり、休み終わった時に休んだ充実感が

出てきますから。

 

 

こんなこともよく思います。

 

 

繁忙期は宿泊とかレジャーとか、特別料金で

高いじゃないですか。

 

 

その時は皆多く払ってくれるので、サービス

する側は稼げます。

 

 

その稼いだ分は閑散期に使うことで、良い

サービスを安価で受けることできます。すいて

いますから、そういう意味でも快適です。

 

 

私はたぶん休みは少ない方だと思います。

しかしその休みは他が稼働しているだろう

という時に取ることで、ちょっと優越感に

浸れる感じがあります。

 

 

自分としては大事な心の持ち方になって

います。

 

 

明日に続きます。