今日も買取は多かったですね。

たぶんさらに週末はすごいことになります。

 

 

この時期、服の壁が倒れてきて、

そこに自分が埋もれて窒息死するような

夢をたまにみます。

 

 

実際壁ができる位の服が集まりますし、

積んである服が雪崩をおこすことも

よくありますから(笑)。

 

 

{今日のテーマ}

「平和ボケしていていいのですか?」

 

 

晩は大阪に出て、コンサルティングを

受けました。

 

 

自分の動きや考えをブラッシュアップしたり、

自分の将来を客観視することがすごく必要

だと思っています。

 

 

店舗経営者というのは、自店の狭い空間で

毎日を過ごしてしまいがちです。そこで稼げて

いたらなおさらそうです。

 

 

ただ世の中どんどん変化しているわけで、

その変化を感じずに日々が過ぎていくと、

ある日突然茹で上がっているということに

なってしまうんでしょうね。

 

 

井の中の蛙というやつです。

私はこの井の中の蛙になってしまわないか、

ということに一番危機を感じています。

 

 

現状毎日店を開ければ、お客さんが

どんどん来てくださいます。すごく恵まれた

環境の中、商売させて頂いています。

 

 

でもこの順調さはずっと続くわけはないと

思います。理由はいろいろありますけど。

 

 

悪くなってから考えるのでは遅い。

悪くなる前に手をうつ。そんな姿勢が必要

だと思っています。

 

 

これはうちの店だけの話ではないですね。

どんな事業でも、どんな会社でも、政治や

外交とか、全部そうだと思います。

 

 

笑われるかもしれませんが、

私自身は日本という国が、そのうち戦争に

巻き込まれるということが、現実として

ありえると思っています。

 

 

難しいことはわかりませんが直感で。

 

 

北朝鮮からのミサイルが京都の自分の店に

飛んできて、店は破壊され、命は助かったが

さて店はできない、これからどうしよう・・・。

 

 

ありえると思っています。友達に言うと、

笑われますけどね。

 

 

でもこれが地震だったり、洪水だったり、

トラックが間違ってうちの店に突っ込むとか、

大家さんがビルの建て替えするから、賃貸

契約をもうやめたいとか・・・・

 

 

店が存続できない理由はいくらでもつくれます。

こっちの方は戦争より現実的ですか?

 

 

どちらにしろ、今店を順調にできていることに

感謝しつつも、悪くなることが近い将来あると

思って準備することを怠ってはいけないと

思っています。

 

 

その位の姿勢でちょうどいいと思っています。

 

 

ミサイル飛んでくるとか、中国に攻められるとか

いうと、友人にはいつも笑われますし、そうなって

ほしくもないですが、その位のこともイメージし

ながら、将来に備える位が、小心者の自分に

とってはちょうどいいと思っています。

 

 

書いていてちょっと恥ずかしくなりましたが、

噓ではない、自分の思いです。

 

 

では。