昨晩は大学時在籍したサークルの

OB会に行ってきました!

はい!楽しかったです。

 

 

{今日のテーマ}

「環境に影響を受けるから、

環境選びを重視する」

 

私は当時ゆるい英会話サークルに入って

いました。かなりゆるーいかも(笑)。

 

 

英語を使う機会はいくらでも与えてくれる

サークルだったのですが、それを真に

活かすかどうかは個人に委ねられていた

ため、私のように積極的に日本語を使う者

の英語力は全く変わらなかったという(汗)。

 

 

昨日お会いした皆さんは、

中、高の教師だったり、翻訳やっていたり、

塾を経営していたり、一流のホテルマンで

日々客と英語で会話したり、海外で営業

したり・・・・と、英語力を強みにキャリアを

形成している方が多く、

 

 

おお、さすが英会話サークルと思った次第

です。

 

 

ただこんな私でも、

日々店で外国人のお客さんに英語で

話かけられてもまあ何とか言っていることが

理解できるのとか、

 

 

学生の時から海外に出ることに抵抗ないのは、

周りが英語好きでどんどん外に出ていく感じが

あったことに、少なからず影響受けていると

思うわけです。

 

 

インターナショナルな志向も、思考も、

どんどん必須な世の中になっていくのは自然な

流れだと思いますが、

 

 

そういった中で、自分の下地というかベースの

部分にわずかでも英会話サークルに所属し、

国際感覚豊かな仲間と学生生活を過ごしたという

根拠なき自信みたいなものは、

 

 

ちょっとしたアドバンテージみたいなもので、

自分の人生にいいスパイスを利かし続けてくれる

ようにも思います。

 

 

ここに所属していて良かった、

というのは、その会の席ですごく感じました。

 

 

これっていろいろなパターンありますよね。

 

 

ぐうたらな仲間で一緒にいたら、

ギャンブル好き仲間で一緒にいたら、

ちょっと誇れない悲しい人生になるような

気もします。

 

 

趣味が共通する仲間と、その趣味を通じて

過ごす時間は贅沢だと思います。

 

 

意図的にしろ、偶然にしろ、

人は所属する環境から大きな影響を受けます。

 

 

これがわかっている人は、

意図的に環境を選び、自分をコントロール

していきます。

 

 

わかっていない人は

いつも何となく環境を選び、その環境から

影響を受けているのに、全く気づいていないの

かもしれません。

 

 

私は自分をコントロールする側でありたい、

と改めて思う機会でもありました。

 

 

では。