ハロウィンのかぼちゃをよく見る時期に

なりました。

 

 

うちの店でも

ハロウィン衣装がちょこちょこ動きます。

 

 

ハロウィンの正確な日にちって

ご存知ですか?

 

 

10月末日、10月31日です。

元祖のヨーロッパ周辺では昔1年の終わりが

10月31日とされ、

 

 

その日は夏の終わりであり、

冬の始まりでもあり、

死者の霊が家族を訪ねてくる日だそうです。

 

 

日本のお盆みたいなものですから、

向こうでも焚き火をするみたいですよ。

ただ日本の焚き火と意味合いは違うみたい。

 

 

日本の焚き火は霊をお迎えする目印で、

ハロウィンの焚き火は魔除けだそうですから。

 

 

あとハロウィンのかぼちゃの仮面ですが、

あれも悪霊や魔女から身を守るためのもの

だそうです。

 

 

・・・といういった知識は

僕は全く知らなかったのですが、

博識な友人が数年前に教えてくれました。

 

 

{今日のテーマ}

「ハロウィンに取り込まれるな」

 

 

上記のように元祖ハロウィンは

10月31日の1日だけです。

 

 

でも日本では9月過ぎ位から

2か月位やっていませんか?

 

 

なぜでしょう?

 

 

 

 

 

儲かるからです(笑)。

2か月間のイベントとして、それだけの市場を

つくれば売上が確保されますから。

 

 

1日だけだと儲けも話題性も少ないですが、

2か月あればやれること多いですからね。

(TDL、USJのパレードなんかそうですよね。)

 

 

2か月間だらだらハロウィンを出しながら、

最後の10月31日に特別に盛り上げて終わる、

これが日本のハロウィンなんでしょう。

 

 

こんな時にひねくれ者の僕が思うこと。

 

 

1、商売的には乗っかろう。

2、家族的には付き合おう。

3、個人的には無視しよう。

 

 

1、2は解説不要ですかね。

 

 

1、商売的には話題や取っ掛かりが多い方が

やりやすいですから、利用した方が良いです。

 

 

2、子供が地域やら学校等でハロウィンの

何かをやろうとしていて、それを盛り上げ

関心持って見てあげることは必要だと

思います。だから付き合いも必要かな。

 

 

ただね、よくよく考えてみたらハロウィン

って何だ?って位、元々自分には全く

関係ないものです。

 

 

少なくとも自分が子供の頃には

全く話題には上がらなかったし、

 

 

つい最近ですよね、

日本に持ち込まれたのは。

 

 

宗教的にも、地域的にも、

全く関係ないわけですから。

 

 

ちょっと話は外れまして、

よくがんばっている自分へのご褒美に・・・

なんていうキャッチコピーをみることが

あります。

 

 

マッサージとか、

ホテルとか旅行のパックとか、

 

 

こういうキャッチが多いのは、

それに踊らされる人が多いのかな、

なんてことも思います。

 

 

ハロウィンにしても、

自分へのご褒美にしても、

結局はただ商売に引っ掛っている

だけだと思います。

 

 

その意味を真剣に考えている人って、

どの位いるのだろう?とも思うわけです。

 

 

商売仕掛ける側としては、日本は

競合は多いけども、市場はつくりやすい、

客をまるめこみやすい、

そんな国だと思います。

 

 

世の中疑いの目でみてばかりだと

つまらない気もしますが、

 

 

オレオレ詐欺に引っ掛るのも、

ハロウィンでその気になるのも、

自分へのご褒美だと癒されるのも、

 

 

根本の現実をみようとする目が

弱いのではないか、

と僕なんかは思うわけです。

 

 

だからなんだ、っていうことに

なりますが、

 

 

商売がうまくいっている人というのは

その商売の意味を根本からしっかり

捉えている人が多いと思っています。

 

 

逆にうまくいっていない人というのは

商売の意味をろくに考えず、その場の

状況に流されている人が多い、

とも思っています。

 

 

商売人というのは、

その場の雰囲気に流されず、

物事を冷静に判断することが、

時には必要です。

 

 

そうだからこそ、

ハロウィンをわかって楽しむなら良い、

しかしハロウィンに流されるのはまずい、

 

 

こんなことを思う僕は

やっぱりひねくれ者なのかなぁと

そんなことを思う今日この頃です。

 

 

では。