今日は何といってもアメリカ大統領選。
株価の下げは凄まじかったようで、
そこに世界のびっくり度がていますね。

今日は予備校時代の友人が自店に
ふらっと来てくれました。何と鹿児島から。
10年ぶりの再会です。

京都で店やっているとたまにこういうことが
あります。観光のついでに僕の店を探して
来てくれるわけです。すごくうれしいですね。

{今日のテーマ}
「僕らは毎日選挙をやっているようなもの」

選挙は自分に投票権がなくても、他人事に
思えない性分です。

当事者のことを想像して、ハラハラドキドキ
してしまいます。

以前ここに書いたかは覚えていませんが、
僕は中学の時に生徒会の選挙で、7票差で
落選した経験があります。

全校生徒約1500人が真っ二つに割れた
のです。7票なんて何とかなったなと、後で
そんなことを思って、悔しくて家に帰って
突っ伏していた記憶があります。

1票というのはすごく貴重です。
僅差であればあるほどそう思います。
それは当時の実感としてすごくあります。
今回クリントンさんは相当悔しいでしょう。

そんな(中学の生徒会ですが)選挙経験は
僕の商売にすごく活きています。

商売というのは、あくまで僕の感覚ですが
毎日選挙しているようなものです。

立候補している自店をいかに知ってもらって、
いかに信用してもらって、投票してもらうか。
投票の部分がお金に代わってるだけです。

商売は経済の選挙活動のようなもので、
レジに毎日集まるお金は得票数だと、
そんな感覚で僕はいるわけです。

買ってもらえないというのは、何か問題が
あるわけですね。

知名度がないのか、
信用がないのか、スキャンダルがあるとか。

逆に知名度があって、信用があって、期待
までしてもらったらレジのお金は増えていき
ますね。

世の中には一定数の票数(お金)があって、
その票数(お金)を立候補者(存在する店)の
数で取り合うというという構図も同じです。

店は必ずしも一番になる必要はないかも
しれません。ただ位になる必要があること
は確かです。

立候補者は選挙期間中だけがんばっても
ダメですよね。

普段から有権者の話を聞くとか、
地域の困りごとを解決させるとか、議会で
しっかり役割を果たしているかとか・・・

そういった日常が積み重なって、皆に
判断されている訳です。そう考えたら、
店をやる者は毎日が大事ですね。

1日1日の取り組み、行いが、お客さんに
評価されて、それが売なのです。

品揃えも、鮮度も、清掃も、サービスも、
立地も、コンセプトも・・・・・・
全部が全部、有権者(お客さん)の
判断材料になっています。

厳しい選挙戦、あなたの1票をぜひぜひ
私にお願いします!と言うのであれば、
それだけのことをしてアピールしなくては
なりません。

口だけ達者で何もやらない候補者は
公約違反だと後々非難されます。
落選=廃業ですね。

毎日の厳しい選挙戦に耐えうる店を
やっていきたいものです。
できることならトップ当選したいですね。

では。

※今度、私がセミナーをします! ↓↓↓
******************************************************

【2016.12.1(木)店舗の稼ぎ方~開業から8年右肩がりの神髄】

開業から8年経過。自店のリサイクルショップは
おかげさまで右肩がりで来ました。

この8年の中には成功例も失敗例も多くあるわけですが、
業種に関係なく、使えるノウハウや考え方が多々あると
感じています。

本セミナーでは売に直結するカラクリを店舗現場で
直接確認頂きながら、解説を加えていきます。

業種問わず店舗で売げたい方、
集客に悩んでいる方はぜひお越しください。

日時:12月1日(木)18時~20時
懇親会 20時30分~(希望者のみ)

場所:きっずえんじぇる京都桂店
京都市西京区樫原分田5-4 渡辺ビル1階
(最寄駅:阪急京都線 桂駅)

定員:5名

講師:浩史

参加費:3,000円(当日受付にて)
(懇親会は実費3000円迄)

お申込みはブログの個別メッセージ利用か、
メール宛(kamide65@gmail.com)で、
「セミナー参加希望」とお知らせください。
追って詳細情報お伝え致します。

******************************************************