突然ですが、ざるという言葉、
皆さんにとってプラスですか?
それともマイナスですか?

どうでもいいことなんですけどね、
僕にとってはプラスです。

{今日のテーマ}
「ざる」

ざるって竹でできたあのざるです。
野菜やそばとか水を切る時使うあれ。

これを例えとして使う時は、
法律で多く抜け道がある時のざる法
とか、

僕の好きなサッカーとかで、
キーパーやディフェンスが弱い時は
ザルだから・・・なんて使われます。

自分が子供の頃、
所属していたチームが弱くて、
見ていた大人にザルだと言われた
ので、深く心の傷として残っています(笑)。

ざるで水をすくう、っていう
ことわざもよく聞きました。
無駄な努力ってやつ。

唯一プラスかなと思うのが、
お酒の強い人の意味で使う時かなと。
いくら飲んでも酔わない人のこと、
言いますよね。

世間ではだいたいよくないことの
例えになってしまっています。

・・・が僕にはザルが光って見えます。

僕は幼児の頃、近くの店をみている
のが、好きな子供でした。

商売をしている様子を朝から夕方まで
みていても飽きないような、そんな
子供だったと思います。

昔はつり銭が天井からぶらさがった
ザルの中に入っていて、取引ごとに
ザルの中のお金が増えていったのです。

じゃら銭がどんどんお札に変わっていく
感じでした。

活気のあるお店ほど、その増え方が
はんぱないんです。それを見ながら
すげーってにやにやしているそんな
子供でした。

変なやつでしょ(笑)。

でもそれが今の自分の商売勘の元に
なっているのかなと。

僕の商売の成功イメージの中には、
ザルの中のお金が増えていく
イメージがあって、

それが見える時にはいけるって、
そんな確信を持つことになります。

だからザルは僕にとっては、
光り輝くありがたいアイテムなのです。

ザルがなければ今の僕はないと、
そんなことも感じます。

ちょっと長くなりそうなので、
明日に続けますね。

※今度、私がセミナーをします! ↓↓↓
******************************************************

【2016.12.1(木)店舗の稼ぎ方~開業から8年右肩がりの神髄】

開業から8年経過。自店のリサイクルショップは
おかげさまで右肩がりで来ました。

この8年の中には成功例も失敗例も多くあるわけですが、
業種に関係なく、使えるノウハウや考え方が多々あると
感じています。

本セミナーでは売に直結するカラクリを店舗現場で
直接確認頂きながら、解説を加えていきます。

業種問わず店舗で売げたい方、
集客に悩んでいる方はぜひお越しください。

日時:12月1日(木)18時~20時
懇親会 20時30分~(希望者のみ)

場所:きっずえんじぇる京都桂店
京都市西京区樫原分田5-4 渡辺ビル1階
(最寄駅:阪急京都線 桂駅)

定員:5名

講師:浩史

参加費:3,000円(当日受付にて)
(懇親会は実費3000円迄)

お申込みはブログの個別メッセージ利用か、
メール宛(kamide65@gmail.com)で、
「セミナー参加希望」とお知らせください。
追って詳細情報お伝え致します。

******************************************************
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

感想、ご意見はこちらまで
※このメールの返信でもOKです。
※感想頂くと、はとてもうれしいです♪
kamide65@gmail.com

このメルマガが不要な場合
配信解除はこちらから(登録アドレス変更も)
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=kamide65

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

発行者:浩史(かみでひろふみ)

E-mail:kamide65@gmail.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー