今日は営業中に店の前を犬がうろうろ。
どこかで見た犬だなと思ったら、近所の
犬で、どうやら脱走中。

僕をみたらうれしそうに寄ってきてくれて、
僕もうれしくなってつい抱きかかえてしまい
ました。かわいいねー。

ペットを飼ったことないのですが、ペット
飼う人の喜びを感じた瞬間でしたー。

飼い主の家を通る度に、僕はそのワン
ちゃんが気になって見ることが多かった
のですが、

時には手を振って犬に挨拶することも
あったのですが、

それが通じていたんだなと、今日わかって
それがたまらなくうれしかったと。

もちろん、飼い主の家に連れていきました。
抵抗せずにいい子でおうちに帰ってくれま
した。

{今日のテーマ}
「自分が好きになれば相手もそうなる?」

理屈でも何でもないのですが、
今日の僕のこの犬とのエピソードって、
日常の対人でもそうなのかなと。

自分がこの人いいなぁ、素敵だなぁと
思うと、それが何か伝わるんでしょうか。

別にこちらが好きとか言っていなくても、
相手にもこちらをよく思って頂けている
ようなそんな気がします。

逆にこの人ちょっと苦手だなと思って
いると、その方もこちらを敬遠している
ような気がします。

世の中、そんなもんなんじゃないでしょうか。

これを意識して顧客をつくろうとすると
変な気もしますが、これを頭に入れながら
店を運営することは必要な気がします。

僕の知っている限り、うまくいっている人も
うまくいっている店も、自分と相手との関係
が相思相愛みたいな、そういう関係を
いかに多く築くかというところはあると
思います。

先日僕の所属する成れる会の講師種村
さんが、こんないいこと教えてくれました。

お客さんというのは英訳すると、
クライアントとカスタマーがあると。
両者には大きな違いがあります。

クライアントは関係性が深く、保護下に
あるため、何かあったら守るべき対象。

カスタマーはただ商品を買ってくれる人。

弁護士のお客さんにカスタマーは
ありえないですね。守るべき対象だから
クライアントといいます。

この話を聞いて思ったのですが、
一般的に店のお客さんはカスタマーが
多いと思うのですが、

僕自身と僕の店はクライアントを多く
持ちたいなと。クライアントの多い物販店
って、いいなぁと感じた次第です。

ビジネスにしても、プライベートにしても
相思相愛関係がたくさんあると楽しそう
ですね。

そんなことを感じた1日になりました。
ではまた。