至る所にコンビニを発見します。
都市部にはあり過ぎっていう位
存在します。

おせっかいかもしれませんけど、
飽和状態の大手コンビニの行く末が
僕は心配なんですよね。

{今日のテーマ}
「7-11の弱点はここにある!」

僕は一応大手コンビニ出身者ですので、
一般の方よりコンビニ事情を知っている
と思います。

そんな僕がよく思うのは、
コンビニチェーンの実績で、店舗出店数
(正確には出店数-閉店数の純増数)と
平均日商、そして既存店前年比が
出てきますが、

もう一つ大事な数字があるんじゃないの?
とよく思うわけです。

出店数、平均日商、既存店前年比で、
大体はわかりますので、発表する方も、
それを聞く方もこの3つの数字ですべて
を決着させようとしている、
そんな風に僕には見えます。

一応解説しますと、
店舗が増えたらチェーン全体の売上は
増えていきますので、勢いがあるという
ことになります。逆に店舗が減れば全体
の売上が下がるということ。
だから出店数はマークすべき大事な数字です。

次に平均日商も大事です。
1店舗あたりの毎日の売上が大きければ
大きいほどお客さんに多く買い物して
もらっていて売上がいいことになりますから。

既存店前年比という数字は、新店を除いた
2年目以降の店舗の業績がいいか悪いか
を判断するために使います。

新店を多く増やせば全体の売上が増えること
は当然ですが、古い店が順調かどうか、新店
効果だけで全体を良く見せていないかを
チェックする数字なのですね。

ただ僕はこの3つだけでは不満です。

売上や店舗数だけでは経営が健全かどうか
なんてわからないからです。

商売っていうのは、結局いくら利益が残るか?
が重要なわけです。売上が順調に見えても、
それ以上に経費が大きかったら利益は出ない
ではないですか。

大変回りくどくてすみません。

結論言います。(最初から早く言えよ!)
コンビニ店舗の家賃の傾向がわからんのです。

僕が外から見ている限り、最近開いている店は
すごく家賃が高いと思います。そこを勝手に心配
してしまうのです。

7-11は僕らの個人のやる店とは店舗開発が
全然違うのです。

個人は自分の土地、建物でここでやろうかとか、
或いは空きテナントを見つけてここでやろうかと、
そんな感じではじめます。

既存の土地や建物の制約ありではじめるのが
普通です。

でも最近の7-11は基本「どいてもらおう。」です。
駐車場をやめてもらって全部借り上げるとか、
広い倉庫を潰してもらうとか、住んでいる人に
どいてもらうとか、田んぼを埋めようとか。

既存の建物ではうまく売場の広さやカタチが
とれない傾向にあるので、それは潰して自分達
の店や駐車場をしっかり確保します。
いい加減な店はつくりません。

これが高日商店になる大きな理由なのですが、
副作用はご想像つくと思いますが、家賃がべらぼう
に高くなるということです。

土地オーナーさんが既存の建物潰して、土地を
きれいにして、店舗を7-11仕様で新築してもらって、
それに対して家賃を払うわけですから。
空いているテナントに入るのと訳が違います。

・・・で僕がコンビニ在籍していた頃(約20年前)は
標準40坪の広さに対し40万とか、
坪1万程度の店が多かったのですが、
今はその倍の80万は当たり前。
100万とかそれを超える店が多いのではないかと。

ひと昔は月平均40万だった家賃が、今の店は倍です
よって、まあこれは僕の推測の範囲ですが、大きく
間違っているとは思えないのです。

だから1店舗当たりの収益はどんどん落ちている
と思います。

土地オーナーからしたら、コンビニ大手が出店争い
で焦っていることはわかるでしょうから、余計にいい
条件で契約にするでしょうし。

家賃というのは固定費ですから変えられません。
高い家賃ではじめてしまうと、
例え高日商店でもあまり利益が出ないということで
しょうし、そこそこ売れているように見えても赤字
だったりと、そんなことが多発しているんじゃないか
と思うんですよね。

仮に今はそんな風に見えなくても、数年後
出店の勢いがなくなった時、コンビニは全体で
大きくなっている家賃経費に苦しむだろうなと、
そんなことを考えてしまいます。

・・・・で今日の結論ですが、
個人店のスタンスは家賃で絶対無理しちゃ
だめだぞーと。

コンビニのような売上至上主義ではなく、
売上と経費トータルで利益をしっかり出せる
体質をイメージしましょうよ、
と声を大にして言いたいです。

商売はいい時もあれば悪い時も必ずあります。
悪い時には悪い時なりに、継続できるかという
ところがすごく大事です。

経費が小さければ悪い時にも耐えられますし、
売上が大きくなれば利益もすごく出ます。

この観点で固定費を小さくしておくこと、家賃が
小さいこと、これが一番です。

じゃあ具体的にどういうことか、
もう少し書こうと思ったのですが、
明日に続けることにしますね。

ではまたー。

↓成功者の成果を出すための鉄則学びませんか?
****************************************************
【2017.2.25(土) 3.25(土) 4.22(土)
         成功者必携マインドセット講座】

狙った成果を出せる人と出せない人の違いは何なのか?
私も目指す成果を出せるようになる!
成功者必携マインドセット講座

日程:
1, 2月25日(土)14時15分~17時00分(受付開始14時~)
2, 3月25日(土)14時15分~17時00分(受付開始14時~)
3, 4月22日(土)14時15分~17時00分(受付開始14時~)
※各回はすべて独立。ご都合のよい日程を選択ください。

場所:ヤサカ四条烏丸ビル会議室
 京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町79
(最寄駅:阪急京都線 烏丸駅、地下鉄烏丸線 四条駅)
 http://www.westbldg.com/access.html
参加費:3,000円(※当日受付にて承ります)

主催+講師:成れる会京都情熱未来塾メンバー
        当然上出浩史も登場します!

★個人事業主の方 ★会社員の方
こんな悩みをお持ちではありませんか?

?思ったより売上(収入)が増えない。
?やりたいことがあるが行動に移せない。
?セミナーや教材で学んではいるが、
 学んだ効果が出ていない。
?この先今のままの自分でやっていけるか不安。
?変わらなくていけないと思うが
 何から始めたらいいかわからない。

以上のような悩みをお持ちの方に、
どう現状を突破して成果を出すことができるか、
その解決策を示す講座です。

その解決策とは、ズバリ「マインドセット」です。
(操られてしまう=マインドコントロールではないですよ:笑)

マインドセットとは簡単に表現すれば「考え方」です。
同じ本を読んだり、同じセミナーを受講したり、
同じ教材を学んだり・・・・
同じ時に同じことをやっても
それに取り組む人によって結果は大きく変わってきます。

いわゆる成功者と呼ばれる方々は、
毎回自分が狙った成果を出すことができます。
一方何をやっても成果を出せず、うまくいかない方もいます。
両者の違いは能力やスキルではありません。
マインドセットの違いが大きいと言われています。

本講座では成功者の持つマインドセットを
マーケティングの観点から紐解き、
そのエッセンスを学ぶことで、
自身が成功者のマインドセットを得ることを目的とします。

具体的な内容を一部示せば

・自分のサービスの本当の位置づけ
・Needs商品とWants商品
・リピート商品の考え方
・結果を出すために最も重要なこと
・結果を出すメカニズムと原理原則
・結果が出る人と出ない人のたった一つの差
・未来を選ぶとは?
・買う側から売る側へ
・95:5の法則
・パラダイムシフト
・マインドセットの正しい手順
・成功するステップ
・目標の認識
・目標達成するための方法
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これらは一例です。
正直、このマインドセットの内容は
2~3時間の講座時間内で全てお伝えできるほどの
手頃なものではありません。
本来は2時間×24回(週1で6か月)=48時間
かけて学ぶ大ボリュームの内容です。

ただし本講座はそれらのダイジェスト版として、
優先順位の高いものを中心に、
できる限りコンパクトにまとめてお伝えします。
どうぞご期待ください。

◎申込やご相談は、下記リンク先にあるフォームよりお願いします。
セミナー申込 ⇒ご相談

成れる会京都情熱未来塾
http://fujii-mind-juku.com/index.php?narerukai-kyoto

 

上出浩史のメルマガ登録は、こちらからどうぞ。(無料)
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=kamide65